食べても絶対太らないブログ

2020.05.17

ダイエットに朗報!食べても太らない間食の仕方

毎日必死に食欲を抑え我慢しているのに、体重は思ったように減少してくれません。そんな状態が1週間も続くと、我慢できずに反動喰いしてリバウンド。ダイエット前よりも太ってしまうことの繰り返しです。

私がダイエットに失敗する最大の原因は、食欲を抑えられない事です。食欲を抑えるのは、かなりストレスが溜まります。食べたいものを我慢する生活は、本当につまらないです。そこでダイエット中でも間食ができればストレスも抑えられると思い、食べても太らない間食の仕方を調べてみました。すると、あるルールを守れば間食しても太らない事がわかりました。



食べても太らない間食のルールがいくつかあります。まずは、太らない時間に食べることです。身体は活動するため常に代謝していますが、いつも一定ではなく、活発な時と緩やかな時があります。代謝が活発な時に食べれば、カロリー消費されるので太りにくくなります。朝起床してから午後3時頃まで代謝が活発なので、この時間帯に食べるようにしましょう。

次に、温かい飲み物を飲みながら食べることです。冷たい飲み物を飲むと身体が冷えて代謝機能が落ちてしまいます。常温または温かい飲み物と一緒にゆっくり食べる事で、満足感が得られて食べる量も減らす事ができます。

そして、間食は1日200cal以内にすることです。間食は1日の摂取カロリーの1割ほどが丁度良い量になります。脂肪分の多い洋菓子より和菓子の方が低カロリーで満足感を得やすいです。大福1個、ようかん一切れが200calの目安です。

最後に、就寝前は飲食しないことです。眠っている間は代謝が落ちることで、カロリー消費が減少し脂肪もたまりやすくなるので、就寝直前の間食はやめましょう。



ダイエット中でも間食はできる事がわかりました、

食べたいものをひたすら我慢するだけの極端なダイエットは、ストレスを増やすだけで、結局は挫折してしまいがちです。適度に間食してストレスを発散する事がダイエットを成功させる秘訣かもしれませんよ。

トラックバック

トラックバックURL:

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

Copyright (C) kansyokudiet.cloud-line.com All Rights Reserved.